自営業の種類

飲食関連の事業

自営業の中で最もポピュラーなジャンルとなるのが、飲食店の自営業です。比較的簡単に開業することが可能な飲食店の自営業ですが、開業にあたって必須となる複数の資格が存在します。その中において食品を取り扱…

フリーのデザイナーやライター

フリーデザイナーが仕事をするときには、依頼を受けるか応募する方法があります。依頼を受けるケースでは人脈を辿ってデザインの依頼を受ける方法が多いです。名指しで仕事を依頼されるのであれば、定期的に仕事…

コンサルティング系の事業

コンサルティングの種類として経営コンサルティングは一般的です。特に経営に関して深い知識を持つ人には取り組みやすい分野です。たくさんの資金が必要なわけではありません。また、お客さんがいればすぐに始め…

自営業者と確定申告

事業を開始したら翌年度から所得税を申告しなければならない

白色申告と青色申告

>

フランチャイズってどういうビジネス?

税務署に直接足を運ぶ必要はない

確定申告は郵送で完了できる

自営業者が確定申告をするときには税務署まで書類を持参しなければならない時代もありました。しかし、今では提出のために税務署まで赴く必要はありません。郵送による提出が認められているからです。ただし、提出期間中に郵送で届くように送らなければならないという点には注意しましょう。今日が提出の締め切り日というときに速達で送ったとしてもその日のうちに届かないことはあります。逆にまだ確定申告書類の受付を始める二日以上前なのに普通郵便で送ってしまうと前日に到着してしまう可能性もあるでしょう。きちんと指定の期間に入ってから郵送をすること、期間内に到着するように送ることの二点を念頭に置いて準備を進めるのが重要です。

オンラインでもできるのか

確定申告は国が運営しているシステムを使うことでオンラインでもできるという噂を聞いたことがある人もいるでしょう。自営業の場合にもオンラインで提出することができるのかと疑問に思う人もいるかもしれません。 結論から言えば全てオンラインで済ませられるのが一般的で、郵送する必要は実はありません。添付書類は原本ではなくスキャンした電子データで提出することができる仕組みになっています。どうしても電子化するのが難しい書類についてはその旨を確定申告書類に記入し、別途税務署に郵送や持参で提出すれば良いというのが基本です。締め切り日になって提出手続きをしても問題ないのはオンラインで手続きするメリットなので積極的に活用しましょう。