飲食関連の事業

飲食店の自営業に必ず要る食品衛生責任者の資格とは

自営業の中で最もポピュラーなジャンルとなるのが、飲食店の自営業です。比較的簡単に開業することが可能な飲食店の自営業ですが、開業にあたって必須となる複数の資格が存在します。その中において食品を取り扱うことに重きをおいた資格となるのが、食品衛生責任者です。この資格は、食品衛生上の管理運営に当たることを職務としており、飲食店の開業には、必ず1人は置くことが必要です。資格取得としての難易度は低く、主に各都道府県で定期的に開かれている講習を1日受けることによって取得できます。費用は、10,000円程度かかります。また、講習はとても長いので、人によっては不評です。調理師や栄養士などの免許を取得している場合は、自動的に同資格が交付される権利を得るので、受講する必要がなくなります。

大きい飲食店の自営業には必須な防火管理者の資格

経営が軌道にのり店舗の拡充等を図る際に、必要となる可能性がある資格が防火管理者です。防火管理者は、収容人員が30人以上の店舗では必ず1人置かなければならないこととなる資格です。店舗の大きさにより取得するべき資格が変わり、延床面積が300平米以上の場合は甲種防火管理者、それ以下の場合は乙種防火管理者となります。資格を得られる講習会は、各地の消防署などが定期的に実施しており、テキスト代としての費用がかかります。講習内容は簡単で、受けさえすれば基本的に誰でも取得可能な資格です。甲種は2日の講習期間が必要となるので、ある程度時間に余裕を持って講習に臨む必要があります。また、資格を取得するだけではなく、飲食店の開業や改装をするにあたって、近隣の消防署に届け出が求められます。