フリーのデザイナーやライター

フリーデザイナーで稼ぐ

フリーデザイナーが仕事をするときには、依頼を受けるか応募する方法があります。依頼を受けるケースでは人脈を辿ってデザインの依頼を受ける方法が多いです。名指しで仕事を依頼されるのであれば、定期的に仕事が受けられる可能性があるでしょう。他にもインターネットを経由して仕事の依頼をされることもあります。インターネットを経由した依頼は、色々な仕事の中から選ぶことができるのがメリットです。しかし、単発になることが多く、継続して仕事が得られにくい場合も少なくありません。もう一つ仕事に応募する方法があります。これは公募されているコンテストなどにデザインを応募する方法です。決まれば大きい売上になる可能性もあります。

フリーライターには色々な選択肢がある

自営業の仕事にはフリーのライターという仕事もあります。フリーライターは雑誌などに投稿するライターのイメージが強いです。週刊誌などに記事を投稿するライターにもフリーライターがいます。しかし、指定された文章を書くというフリーライターもいるのです。例えば、商品のレビューを決められた文字数で文章にするという仕事があります。依頼者が書いて欲しい内容に沿って文章を書く仕事です。商品説明の文章やWEBサイトに載せる文章を依頼する人もいるのです。フリーライターであれば、そのような文章を請け負うことも考えられます。フリーライターは自分が書いたと署名できない文章を書くことも少なくありません。文章を書くのが仕事ですから、名前が載るかは関係ないと考える人は多いでしょう。